国立研究開発法人 国際農林水産業研究センター | JIRCAS

オランダ

オランダ(オランダ語: Nederland [ˈneːdə(r)lɑnt]、[ˈneɪ̯də(r)lɑnt] ; 西フリジア語: Nederlân; パピアメント語: Hulanda)は、オランダ王国の構成国の一つである。国土の大半は西ヨーロッパに位置し、カリブ海にも特別自治体の島を有する。憲法上の首都はアムステルダムだが、王宮、国会、中央官庁、各国の大使館などはデン・ハーグにあり、事実上の首都となっている。 カリブ海のアルバ、キュラソー、シント・マールテンと共にオランダ王国を構成している。 ヨーロッパ北西部に位置し、東はドイツ、南はベルギーと国境を接し、北と西は北海に面する。ベルギー、ルクセンブルクと合わせてベネルクスと呼ばれる。カリブ海に海外特別自治体としてボネール島、シント・ユースタティウス島、サバ島(BES諸島)がある。 世界第9位の天然ガス産出量を誇る資源産出国であり、日本ではチーズ、チューリップ、風車などが有名である。 国際銀行間通信協会のオペレーションセンターを抱え、インターネットの普及も早かった情報技術先進国であるが、2011年デジノター事件により安全面での国際的信用を損なった。 (DBpediaより引用)

関連するJIRCASの動き

2011年若手外国人農林水産研究者表彰報告

2011-11-14

平成23年11月14日、つくば国際会議場において若手外国人農林水産研究者表彰(農林水産技術会議事務局主催)の表彰式典が挙行されました。式典には、受賞者母国大使館や選考を務められた委員を含め、多数が参加され盛大に行われました。
  本賞は、開発途上地域のための農林水産業及び関連産業に関する研究開発に優れた功績をあげつつある若手外国人研究者を農林水産技術会議会長が表彰するもので、今回が第5回目です。

関連するイベント・シンポジウム