2011年若手外国人農林水産研究者表彰式

事前参加登録は11月10日17:00を持って締め切りました。当日参加は可能です。

若手外国人農林水産研究者表彰
主催

農林水産省農林水産技術会議事務局

国際農林水産業研究センター

開催日
場所

つくば国際会議場エポカル 中ホール200

プログラム
開催日時

平成23年11月14日(月)
10:30~12:00(受付開始10:00) 表彰式(無料)
12:00~13:30 祝賀レセプション(無料)

本年度の受賞者(敬称略)

Roel Rodriguez SURALTA(ロエル ロドリゲス スラルタ) (37歳)

  • 国籍:フィリピン共和国
  • 所属:フィリピン稲研究所
  • 業績名::変動する土壌水分ストレスの下でイネの乾物生産量を維持するための根の可塑性の重要性

[業績概要]
アジア、アフリカの開発途上国でのコメ生産の多くは天水田に依存している。気候変動の影響により、これらの地域における降雨は不安定になってきており、その中で安定した生産を確保することが求められている。さらに、灌漑水田においても、水需給が逼迫してきており、節水裁判など、新たな栽培手法が試みられている。受賞者は、天水田や、節水栽培圃場にみられる乾燥と湛水が繰り返され、土壌水分が変動する条件において、根系が発揮する可塑性が、重要な役割を果たしていることを解明し、乾燥ストレス後の再湛水により、根系発育が盛んになる形質の連鎖解析を行い、形質に関連する遺伝子座を特定した。今後、特定された遺伝子を活用した既存品種の解析や、育種を通じ、開発途上国に多い天水田や節水栽培条件でのコメ生産に寄与することが期待される。

Mohammad Abdul ALIM(モハマド アブドール アリム)(39歳)

  • 国籍:バングラディシュ人民共和国
  • 所属:バングラディシュ農業大学
  • 業績名:ダニ及びダニのもたらす病害に関する斬新な抑制戦略の開発を目指したダニ分子生物学の研究

[業績概要]
家畜に外部寄生するマダニは、バベシアなどの原虫をはじめ、ウイルス、リケッチア、細菌などによる様々な疾病を媒介し、熱帯、亜熱帯地域の畜産業に大きな被害をもたらしている。また、気候変動を背景に被害地域が拡大するとの予測もある。殺ダニ剤による駆除技術から、マダニの生理生態に立脚した効果的な抗ダニ薬の開発への戦略を構築する上で、分子生物学的な吸血機構の解明は重要である。受賞者は、マダニの唾液に含まれる吸血調節物質として、ヘマンギンと呼ばれる蛋白質を同定し、さらに、本蛋白質が血管形成、細胞増殖、分化調節の機能を持つことを明らかにした。今後、吸血調節物質を逆手にとったマダニ駆除技術の開発や、本蛋白質をベースとした血液・循環器薬などへの利用が期待される。

Jonne RODENBURG(ヨネ ローデンブルグ)(36歳)

  • 国籍:オランダ王国
  • 所属:アフリカ稲センター(在タンザニア連合共和国)
  • 業績名:資源の乏しい稲作農家のための社会的に実現可能な雑草管理戦略

[業績概要]
根寄生雑草は、種子の状態で圃場に長期に渡り生存し、汚染地で作物生産が行われると、根に寄生し、壊滅的な被害を与える。現在、アフリカ、サブサハラ地域における乾燥条件で栽培される穀物作物生産の生物学的な最大の脅威になっている。また、アフリカ天水田においても、イネに寄生し、農家の脅威になっている。受賞者は、一貫して、アフリカにおいて活動し、根寄生雑草について、駆除をせずとも競合可能な抵抗性品種の選抜等、現地農村、農家に受入可能な技術を組み合わせ、農民参加型手法を駆使することにより、総合的な雑草管理手法を確立した。今後、農民参加型手法に基づき、普及を見据えた研究を行っていることから、アフリカでの普及が期待される。

参加費
無料
参考
  • 2011年(第5回)若手外国人農林水産研究者表彰」受賞者の決定及び表彰式の開催について(H23.10.20 農林水産省プレスリリース)
  • 2011年(第5回)「若手外国人農林水産研究者表彰」における候補者の募集を開始します。(H23.7.14 農林水産省プレスリリース)
開催報告

2011年若手外国人農林水産研究者表彰報告