SATREPSマダガスカルプロの管理運営、施肥技術普及試験の開始

報告書番号 出張年月 国名 関連プログラム 公表年月日
R03-0022 2021年11月 - 2021年12月 マダガスカル

成果の概要

農業畜産省県農業局と連携して、プロジェクトで開発したリン浸漬処理技術P-dippingの広域普及活動を開始した。プロジェクト対象地域とするヴァキナカラチャ県において、12月7日までに21集落1,116農家に対して、実地研修とP-dipping用の少量肥料パック配布を実施した。合わせて、JICA技術協力プロジェクトPaprizと連携して、ヴァキナカラチャ県以外の4つの県(アナラマンガ県、イタシ県、アムルマニ県、ベチブカ県)において、P-dippingの普及研修と肥料配布を行う16の灌漑地区(各県4地区ずつ)を選定した。また、前作期にP-dippingを実施した農家圃場を用いて、その連用効果および残効効果を検証するための圃場試験を3地点10圃場に設置した。また、11月にマダガスカルで水稲の新品種として登録したFyVary32とFyVary85の種子をマジュンガ圃場で収集し、Paprizの協力のもと、4地点の種子生産圃場で認証種子生産を開始した。以上、開発した施肥技術および品種を社会実装に繋げていくための活動を推進することができた。

マダガスカル