国立研究開発法人 国際農林水産業研究センター | JIRCAS

1.開発した技術評価ツールの説明と利用法の検討、2.これまでの成果の確認と次の計画の検討

報告書番号 出張年月 国名 関連プログラム 公表年月日
H31-0479 2020年2月-2020年3月 ブルキナファソ 資源・環境管理 2020年6月8日

成果の概要

アフリカ流域管理では共同研究者に対し、開発を続けてきた技術評価のためのシミュレーションモデルの説明を行い、一部改善のためのコメントを得た。今後はモデルを共有し、技術評価に取り組むことで合意した。JICAブルキナ2期では共同研究者とこれまでの成果を検討し、農産物の生産と消費に関する近年の動向が把握できたが、継続的な統計が無いため、最新の動向は確認できないという結論になった。今後は統計が充実している農業生産統計と、人口統計研究所が公表している2014年の家計調査データを利用し、各地の農業と農村生活の地域性を明らかにすることで、肥料普及のターゲットを検討することとした。

ブルキナファソ