国立研究開発法人 国際農林水産業研究センター | JIRCAS

地域の未利用・低利用バイオマス資源の飼料化による、高収益低環境負荷牛飼養技術の開発

報告書番号 出張年月 国名 関連プログラム 公表年月日
H30-0448 2019年2月-2019年3月 タイ, ベトナム 資源・環境管理 2019年4月19日

成果の概要

タイ国農業省畜産部(DLD)本部を訪問し、畜産業由来のうち特にふん尿処理由来の温室効果ガス排出インベントリ整備について、今後の活動体制改善に向けた協議を行った。また、反芻家畜飼養標準研究開発センターにおいて実施していた肉牛ふん堆積試験に関するデータの共有及び協議を行った。コンケン大学においてはMTAを締結し、乳牛への異なるキャッサバチップ給与レベルが生産及びルーメン微生物群集に及ぼす影響について試験の進捗及びデータの共有、協議を行った。また、キャッサバパルプバイオエタノール工場の視察を行った。
ベトナム国Ben Tre省における肉牛農家を視察し、ふん尿処理状況について調査を行った。南ベトナム畜産研究所(IASVN)における肉牛ふん乾燥試験について進捗状況の確認を行うとともに、ガスサンプルを回収した。カントー大学におけるCNSL給与試験を開始した。カントー近郊養豚農家におけるバイオガスダイジェスターの視察を行った。

タイ
ベトナム