国立研究開発法人 国際農林水産業研究センター | JIRCAS

北部地域の高付加価値NTFPに関する位置・環境データの収集、平成27年度の主要普及成果のフォローアップ調査

報告書番号 出張年月 国名 関連プログラム 公表年月日
H30-0303 2018年11月-2018年11月 ラオス 高付加価値化 2018年12月17日

成果の概要

ラオス北部地域において、高付加価値化NTFPであるサトウヤシ、ビンロウヤシ、キアン(香辛料)、カルダモン、ラタンについて、出現位置情報と環境データの収集を行った。ビンロウヤシとキアンは調査地内での出現を確認できなかったが、最も多く出現したサトウヤシについて、分布の可能性を数値化したポテンシャルマップを試作した。
平成27年度主要普及成果「ラオスの焼畑二次林の有用樹種を含む樹木データベース」のフォローアップ調査に帯同し、調査の補助を行った。

ラオス