国立研究開発法人 国際農林水産業研究センター | JIRCAS

1. フォローアップ:平成26年度主要普及成果「ラオスにおける多様な非木材林産物は農家経済にとって高い有益性を持つ」のフォローアップ調査の補佐。、2. C3:ラオス北部地域における経済性の高いNTFPの採集量調査、およびナームアン村のNTFP適地図作成に資するタケの分布調査。

報告書番号 出張年月 国名 関連プログラム 公表年月日
H29-0285 2017年10月-2017年11月 ラオス 高付加価値化 2018年1月19日

成果の概要

1.フォローアップ:フォローアップ調査チームの調査に際し、インタビュー先機関への調査申し入れ及び随行を行い、調査の補佐を行った。
2.北部ルアンパバーンで経済性の高いNTFPについて調査を行い、ラン、ジュエル、マホロメナ、コンニャクイモ及びホウキグサの採集は6月~9月は行われていないこと、ベニタケについては6月~9月に採集を行っており約1800kg(生重)が採取されていることを明らかにした。また、中部ビエンチャン県ナームアン村では、3種類のタケが多く分布しており、2つの竹林タイプを確認した。

ラオス