国立研究開発法人 国際農林水産業研究センター | JIRCAS

1. サイレージ開封とサンプル調製、2. サイレージ調製

報告書番号 出張年月 国名 関連プログラム 公表年月日
H29-0341 2017年11月-2017年12月 ブルキナファソ, モザンビーク 資源・環境管理, 農産物安定生産 2018年1月19日

成果の概要

ブルキナファソでは、前回出張時(11月)に調製したサイレージを開封し、その品質を官能評価するとともに、醗酵品質を分析できるように水抽出を行った。また方法に検討を加え、入手可能な資源を用いたサイレージ調製を再度行った(アフリカ流域管理)。
モザンビークでは、飼料作物を用いたサイレージ調製を行った。またJIRCASから現地銀行口座へ初めて送金し、銀行での認証手続きを終えた(アフリカ食料)。

ブルキナファソ
モザンビーク