国立研究開発法人 国際農林水産業研究センター | JIRCAS

農村開発領域の池浦主任研究員が国際水田・水環境工学会(PAWEES)の論文賞を受賞

2017-11-14

JIRCAS農村開発領域の池浦 弘主任研究員らの論文「Factors affecting differences in the rainy season rice yield in a lowland area of a mountainous village in Lao PDR」(Paddy and Water Environment (PWE) 14: 343-353, DOI 10.1007/s10333-015-0504-0)に対し、国際水田・水環境工学会(International Society of Paddy and Water Environment Engineering:PAWEES)から2017年“SAWADA Prize”が贈られました。同賞は、2016年にPWE誌に掲載された論文47報の中から優秀と認められた“Best Paper Award”受賞論文3報のうち、最も高い評価を得た論文に贈られるものです。論文賞は2017年11月9日に台湾・台中市で開催された2017年PAWEES大会において授与されました。

池浦主任研究員は、ラオス・ビエンチャン県北西部の中山間農村における雨季の水稲の収量と影響要因について水田の水環境の面から研究し、受賞の対象となった論文では雨季の初めの水不足による水稲の移植の遅れが水田域末端部の圃場の収量低下に関わっていることを報告しました。

現在はインドシナ中山間農村における資源の多目的活用・高付加価値化と持続的生産性の向上(農山村資源活用)プロジェクトの中で、研究対象をラオス南部のサワナケート県に移し、天水田地帯における水田の立地と水稲収量の関係把握、水環境に応じた土地利用の検討、既存の養魚池を利用した補給灌漑の可能性などについて研究を続けています。

写真1 PAWEES学会長 Jin Soon Kim教授(左)からの論文賞の授与

写真1 PAWEES学会長 Jin Soon Kim教授(左)からの論文賞の授与

写真2 授与された賞状(右)と記念額(左)

写真2 授与された賞状(右)と記念額(左)

写真3 ビエンチャン県北西部の中山間農村の水田

写真3 ビエンチャン県北西部の中山間農村の水田

写真4 水持ちが悪く水稲の生育が疎らなサワナケート県の天水田

写真4 水持ちが悪く水稲の生育が疎らなサワナケート県の天水田