プロジェクト活動(全体および個別課題)に関する打合せ、機材の確認および管理、気象観測装置のセットアップ、緑肥圃場試験の開始の準備、本邦機関との情報交換、ガーナ国での圃場試験の開始の準備

報告書番号 出張年月 国名 関連プログラム 公表年月日
R04-0029,R04-0030 2022年06月 - 2022年06月 ガーナ

成果の概要

1年目の圃場試験の結果および今年度の圃場試験の計画に関して、サバンナ農業研究所(SARI)および開発研究大学(UDS)のカウンターパートと打合せを行った。ダイズの圃場試験については、圃場の整地および雑草管理などの準備を行い、4品種のダイズの種子の袋分けをし、さらに、処理の一つである種子への根粒菌接種を行った。降雨の状況および圃場の土壌水分条件を確認しながら、タマレ滞在中に播種作業ができた。トウモロコシ-ササゲ体系試験と緑肥作物試験についても、タマレ滞在中にトウモロコシと緑肥作物の播種作業を行うことができた。また、JICAガーナ事務所との情報交換を行い、現在JICAがガーナで行っている稲作プロジェクト、SHEPプロジェクトの活動内容を把握するとともに、ガーナ北部での治安情報、感染症情報などについても収集した。

ガーナ