「不良土壌環境とイネの根系形態との相互作用の解明」課題における収量調査

報告書番号 出張年月 国名 関連プログラム 公表年月日
R04-0007 2022年04月 - 2022年05月 マダガスカル

成果の概要

不良土壌環境とイネの根系形態との相互作用を解明することを目的として、昨年11月に栽培試験を開始した系統が収穫期を迎えるため、現地マダガスカルに出張し、収量調査を実施した。栽培系統は概ね順調に生育し成熟期に達しており、各プロットの穂数を計測後、収穫作業を進め、全てのプロットの収穫を終えることができた。また、SATREPSプロジェクトが9月末で終了することを受けて、マダガスカル国立農村開発応用研究センター(FOFIFA)稲作部のカウンターパート研究者と打ち合わせを行い、プロジェクト終了後も交付金プロを基盤として共同研究を継続し、育成材料の品種登録やリン欠乏土壌と遺伝要因との相互作用の解明を更に進めて行くことを確認した。

マダガスカル