国立研究開発法人 国際農林水産業研究センター | JIRCAS

テクニカルコミッティーの開催、ほ場レベル対策、水路対策工の実施、モニタリング

報告書番号 出張年月 国名 関連プログラム 公表年月日
H31-0396 2020年2月-2020年3月 タンザニア 農産物安定生産 2020年3月25日

成果の概要

テクニカルコミッティーは本調査の関係機関が年に2回参集し、調査研究内容の進捗や今後の方針について議論する場である。今年度第2回のテクニカルコミッティーをモシで開催した。
ほ場レベル対策の調査として、土水路からの漏水を防止する対策(ビニールシートの敷設)についてモニタリングを行った結果、水稲1作期間(約120日)中はビニールシートの効果が継続することがわかった。
水路対策として、表面被覆工法のモニタリングを行った。先行して施工したRS1-7水路について、前回のモニタリング以降の粗度の悪化は観測されなかった。MS7-2水路について、被覆材を変えて対策を実施したが、ウレタン樹脂を利用したものは、粗度の改善が見られなかった。

タンザニア