国立研究開発法人 国際農林水産業研究センター | JIRCAS

ほ場レベル対策の実態調査・準備、水路対策工のモニタリング・準備

報告書番号 出張年月 国名 関連プログラム 公表年月日
H31-0155 2019年7月-2019年8月 タンザニア 農産物安定生産 2019年8月23日

成果の概要

昨年度実施した水利用効率向上対策試験施工(水路補修工)の施工後のモニタリング及び今年度施工予定水路の事前モニタリングを実施した。水路の対策については、塗装の劣化は確認できなかった。また、同水路を利用して当該水路の下流のかんがい水量を推定した。この結果、かんがい面積に対して多くの水が流れていることがわかった。一方、チェケレニ地区については、かんがい面積に対して少ない水が流れていることがわかった。ほ場の均平度について、機械でほ場を整備したローアモシ地区と人力開田地区の比較を行うため、小規模かんがい地区の現地調査を実施した。

タンザニア