国立研究開発法人 国際農林水産業研究センター | JIRCAS

1.SATREPSマダガスカルプロ課題2「養分の吸収利用に優れた育種素材開発」における現地圃場試験の播種及び移植、2.幅広い出穂性が付与されたIR64背景準同質遺伝子系統の栽培試験のための播種及び移植

報告書番号 出張年月 国名 関連プログラム 公表年月日
H31-0335 2019年11月-2019年12月 マダガスカル 農産物安定生産 2020年1月10日

成果の概要

SATREPSマダガスカルプロジェクト(SATREPSプロ)において、現地圃場で3年目のイネの栽培試験を進めるため、また、不良環境耐性作物開発プロジェクト(不良環境プロ)で育成した幅広い出穂性を持つ準同質遺伝子系統(Heading-NILs)を熱帯の環境下で栽培・評価するためにマダガスカルへ出張した。SATREPSプロでは、新たな有望系統であるAZ-97やIR64を遺伝的背景とする穂数を増加させる系統(IR64-MP3)等の現地圃場での生産性評価のため、マダガスカル中央高地に位置する3サイトでの播種、移植作業を行った。また、IR64を遺伝的背景とする根型が改良された準同質遺伝子系統(Root-NILs)の播種、移植作業を1サイトで行った。不良環境プロでは、Heading-NILsの播種、移植作業を現地1サイトで行った。これら圃場試験の設置により、開発した育種素材と現地の生産環境との相互作用を明らかにするための基盤を整備することができた。

マダガスカル