国立研究開発法人 国際農林水産業研究センター | JIRCAS

水収支モデルのパラメータ決定用データの現地整合性確認

報告書番号 出張年月 国名 関連プログラム 公表年月日
H29-0232 2017年9月-2017年10月 スリランカ 資源・環境管理 2017年11月29日

成果の概要

事前にプロジェクトが調査した灌漑実施状況と、水位観測の結果に不整合が見られるため池を中心に、聞取り調査を行った。また、ため池堤体の整備状況について調査、整理した。今後、これらの情報を整理し水収支モデルの較正を行う予定である。連珠内ため池へのプロジェクトの水配分方針については、出張時点で未確定であったことから、水収支モデルを活用したシミュレーションの目的は、プロジェクトで立案する水配分計画と栽培計画において、ため池貯水量が不足しないかどうかの判定となった。

スリランカ