国立研究開発法人 国際農林水産業研究センター | JIRCAS

ナカラ回廊における意思決定支援モデルの研修、調査など

報告書番号 出張年月 国名 関連プログラム 公表年月日
H28-0040 2016年6月-2016年8月 モザンビーク 農産物安定生産 2016年9月30日

成果の概要

ナンプラ、リシンガのモザンビーク国立農業研究所(IIAM)の研究者を対象として、ナカラ回廊における農家の意思決定支援システム(DSS)の研修を実施した。また、ナカラ回廊の主要3都市(ナンプラ、グルエ、リシンガ)の近郊村において、計650戸の小規模農家を対象に営農調査をIIAMと共同で実施し、経営規模、労働力、ほ場の位置情報、各作物の収量・収益性、労働時間など、DSSの改良および現地への適用に必要となる各種データを収集した。

モザンビーク