国立研究開発法人 国際農林水産業研究センター | JIRCAS

CGIAR動向についての情報収集、農村調査、研究打ち合わせ

報告書番号 出張年月 国名 関連プログラム 公表年月日
H28-0238 2016年9月-2016年10月 メキシコ, ブルキナファソ, ナイジェリア 農産物安定生産 2016年10月31日

成果の概要

メキシコで開催された国際農業研究協議グループ(CGIAR)の コンソーシアムミーティングおよび 国際トウモロコシ・小麦改良センター(CIMMYT)50周年記念事業に参加し、第2期CGIAR研究プログラム(CRP)や、現在のCGIARにおける研究トレンド についての情報収集を行なった。ブルキナファソでは、北部農村で聞き取り調査を実施するとともに、共同研究機関である農業環境研究所(INERA)のササゲ育種研究者および社会経済学者、国際熱帯農業研究所(IITA)のAVEC-BFプロジェクト担当研究者との打ち合わせを通じ、来年度の活動計画について情報・意見交換を行った。ナイジェリアでは、現在IITAで実施中のササゲおよびヤムの圃場試験の実施状況について確認を行うとともに、長期滞在中の特別研究員並びに現地スタッフと、今後の実験計画の詳細についての確認および実験条件の検証を行った。また、IITAの研究者、契約担当者等との打ち合わせを行い、今後の活動について合意を得た。

メキシコ
ブルキナファソ
ナイジェリア