国立研究開発法人 国際農林水産業研究センター | JIRCAS

アフリカヤム活動対応・打合せ

報告書番号 出張年月 国名 関連プログラム 公表年月日
H31-0142 2019年7月-2019年7月 ナイジェリア 農産物安定生産 2019年8月23日

成果の概要

国際熱帯農業研究所(IITA)本部にて、アフリカヤムの昨年度収穫物の品質評価についての活動が計画どおり進められていることを確認した。抽出デンプン特性の評価については、ラピッドビスコアナライザー(RVA)付属の冷却器の修理に起因する遅れが発生しているが、修理が完了次第、再度計測を開始できるよう手配を行った。5月末から開始された新年度のほ場試験について、植え付けが完了したことを確認し、現地スタッフと今後の活動・調査計画についての打合せを行った。また、IITAヤム育種チームの研究者とこれまでの活動情報の共有及び活動計画について意見交換を行った。ナイジェリアのヤム生産についての意見交換及び生産現場の視察のために、連邦首都地区(FCT)、 ナイジャー州及びナサラワ州を訪問し、ナイジェリア国National Biotechnology Development Agency(NABDA)、Federal University of Technology, Minna (FUTMINNA)、Nasarawa State University及びヤム生産農家を訪問し、利用する品種・栽培法の確認を行うとともに、品種選択の基準、栽培場の問題等について意見交換を行った。

ナイジェリア