エリアンサスの遺伝解析に関する調査研究及び成果報告会参加

報告書番号 出張年月 国名 関連プログラム 公表年月日
H30-0506 2019年02月 - 2019年03月 タイ

成果の概要

前出張において選抜したエリアンサスF1後代94系統を対象に、GRAS-Di法を用いて、多型解析を行った。各遺伝子型データをもとに連鎖解析を行った結果、59連鎖群からなるエリアンサス基盤連鎖地図が構築された。本連鎖地図は4,094マーカーが座上し、マーカー間の平均距離は2.6 cMであった。さらに、SSRプライマーを用いて、同F1後代188系統の遺伝子型判定を開始した。また、コンケン畑作物研究センターで開催された平成30年度国際農研プロ成果報告会では、担当課題B3-1cに関する本年度成果の報告を行った。

タイ