国立研究開発法人 国際農林水産業研究センター | JIRCAS

1.技術調整会議への参加、肥料の流通経路と価格に関する情報収集、2.評価モデル定式化の検討

報告書番号 出張年月 国名 関連プログラム 公表年月日
H30-0071 2018年5月-2018年7月 ブルキナファソ 資源・環境管理 2018年9月25日

成果の概要

SATREPSブルキナファソプロジェクトにおいて、肥料流通の課題抽出のための調査として価格・品質・制度の情報収集を行い、流通や品質に関する現状と問題点を整理した。また、技術調整会議(TCC)に出席し、環境農業研究所(INERA)の共同研究者と共同で発表を行った。
アフリカ流域管理プロでは、土壌保全技術が農家の家計に与える影響の予測のための評価モデルの検討を共同研究者と行い、規模や生産性、そして所得など農家の多様性を保つ横断面での定式化と、収量の年変動を表現する時系列での定式化が必要であり、そのためのツールの開発を行うことで合意した。

ブルキナファソ