国立研究開発法人 国際農林水産業研究センター | JIRCAS

稲作試験の開始

報告書番号 出張年月 国名 関連プログラム 公表年月日
H29-0271 2017年10月-2017年11月 ガーナ 農産物安定生産 2018年2月16日

成果の概要

今年度から交付金課題として実施している、ガーナ北部州Nwogu村の補給かんがい試験圃場におけるイネの栽培試験の収穫調査を、カウンタパート機関であるサバンナ農業研究所(SARI: Savanna Agricultural Research Institute)と連携して完了した。昨年に比べ、今年は全体的に収量が低かった。これは、生育初期の干ばつによる株立ち不良と、病虫害の発生が影響していた。農家トライアルではトラブルにより補給かんがいの実施タイミングが遅れ、平均収量は大幅に減少した。他方、補給かんがい適応品種の評価試験は、圃場の土質が安定してきたこともあり、品種間の差がより明瞭に捉えられた。補給かんがいにより大きな穂数の補償効果が得られる品種のあることが分かった。

ガーナ