技術調整会議(TCC)出席、相手方研究者との成果とりまとめ、社会実装方法および研究成果の論文化についての打合せ

報告書番号 出張年月 国名 関連プログラム 公表年月日
R04-0025 2022年06月 - 2022年06月 ブルキナファソ

成果の概要

SATREPS(地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム)プロジェクト「ブルキナファソ産リン鉱石を用いた施肥栽培促進モデルの構築」の担当課題4-1「リン利用効率を最大化するためのリン酸肥料利用法の検討」の最終年度の出口として社会実装を踏まえた成果を出していくために、カウンターパートと相対での綿密な打合せを行い、データの共有状況の確認と不足データの相互提供を行うとともに、投稿論文執筆の準備について打合せを行った。またこれまでブルキナファソ環境農業研究所(INERA)カンボアンセにおいて実施した4年間の圃場試験の植物体および土壌試料について現存サンプルを確認しその処置について検討した。
またSATREPS技術調整会議(TCC)に参画研究機関代表として出席し、議論に参加した。
 本年度に実施するカンボアンセにおける5年目の試験(ソルガムを用いた新規焼成リン施用実験)に関して、実験の詳細を打ち合わせるとともに、圃場の状況および準備状況を確認した。

ブルキナファソ