国立研究開発法人 国際農林水産業研究センター | JIRCAS

相対幹曲線式を用いた利用材積推定手法の成果普及打合せ及び土壌適地図作成に関するフォローアップ

報告書番号 出張年月 国名 関連プログラム 公表年月日
H30-0477 2019年3月-2019年3月 タイ 高付加価値化 2019年4月26日

成果の概要

これまでにタイ王室森林局(RFD)との共同調査で得られたデータを使って、相対幹曲線式を誘導し利用材積を推定する技術を開発した。その結果の詳細についてタイ側に解説し内容を共有するとともに、現場への普及に必要な今後の作業について意見交換した。また、出張者が前期プロジェクトで担当したチーク植栽土壌適地図に関するフォローアップとして、その作成の流れとその具体的な手法をカウンターパートに解説するとともに、同適地図に対するRFDの要望に関して助言した。

タイ