国立研究開発法人 国際農林水産業研究センター | JIRCAS

作物栽培試験の準備、及び耕起法の予備試験、小流域調査、関係機関との協議

報告書番号 出張年月 国名 関連プログラム 公表年月日
H28-0186 2016年9月-2016年10月 エチオピア 資源・環境管理 2016年11月14日

成果の概要

1 作物栽培試験の準備
メケレ大学圃場で保全農業の作物試験に関する情報を収集した。メケレ大学圃場、及び小流域の傾斜地圃場において実施予定の保全農業の実証試験について内容を検討した。小流域の傾斜地圃場の候補地を上流、中流、ため池周りから各1箇所選定した。これらの候補地で試験が進捗しない場合の代替手法、及び代替試験場所を検討した。コムギの作物カレンダーを調査した。
2 耕起法の予備試験
メケレ大学圃場において、土壌硬度試験を行い、硬盤層の深度を測定した。他の場所の硬盤層の深度と比較検討を行った。農家を訪問し、伝統的なマレシャ(Maresha)犂による耕起の調査を行った。
3 小流域調査
メケレ大学と合同でアディザボイため池、及び小流域における現地踏査、地形・地質、土壌侵食・水文、気象、ため池、下流のかんがいに関する調査、及び調査計画の策定を行った。また、河道の上流に位置するガリ侵食の調査を行った。農民の意向や土壌試験結果を踏まえ、ため池堆砂を造成農地として実証する方法を検討した。
4 関係機関との協議
メケレ大学と上記の研究課題(作物栽培試験、耕起法、小流域調査)に関する打合せを行った。

エチオピア