国立研究開発法人 国際農林水産業研究センター | JIRCAS

JIRCAS-FFTC 国際イネいもち病ワークショップ

関連プログラム
第4期中長期計画農産物安定生産
  • 国際農研
  • FFTC

2020-08-07

開催趣旨

いもち病は温帯や熱帯でイネを栽培している国々における最も重要な病気の一つです。その被害額は毎年20億米ドル(イネ生産量の1%)と見積もられています。国際農研は長年イネいもち病研究ネットワークを牽引し、安定生産と環境に配慮した農業を両立させながらこの問題に対処するための重要な知見を蓄積してきました。近年、幅広い分子生物学的研究により病原性のメカニズムが解明されましたが、その成果を応用する技術に関する研究は十分ではありません。このワークショップでは、参加者の議論を通じて、今までに得られた成果に基づく実践的技術開発を促進します。このワークショップはFFTCの活動計画の一つ「環境に配慮した技術」と関係しています。これは、この病気の世界的/越境性という性格を考えると、主催者の役割と合致します。

このオンラインワークショップでは、アジア・太平洋地域から研究者を招待し、1)いもち病研究の最近の進展、2)いもち病防除の成功事例、3)育種による効果的防除法、4)農業的手法による効果的防除法、5)総合的手法による効果的防除法、6)効果的な国際共同研究の方向性の観点から話をしてもらいます。新型コロナウイルスの世界的な広がりの影響で、本ワークショップはインターネットによるライブ配信で開催します。

目的

  • 効果的な防除に向けたいもち病研究の最近の進展と圃場への適用に関する知見を交換する。
  • いもち病の効果的で適用可能な技術開発に向けた国際共同研究を強化する。
  • いもち病研究の将来的展望と効果的な防除に向けた公的機関や民間会社の役割を提示する。
主催

国際農研

アジア太平洋食糧肥料技術センター

開催日
2020年9月18日(金)
場所

オンサイト会議:国際農林水産業研究センター(茨城県つくば市)
オンライン会議:Webex Eventsを使用したライブ配信

受付期間
2020年8月07日 (金) 09:00 - 2020年9月11日 (金) 17:00
申込受付
参加費
無料
開催時間

2020年9月18日(金)10:00~17:30(日本時間) 

使用言語 

英語(通訳はありません)

問い合わせ先

国際農林水産業研究センター 加藤雅康

E-mail: mkato+ws@affrc.go.jp

ワークショップへの接続URLは、9月11日以降に登録されたメールアドレスに送信されます。

プログラム

 September 18, 2020 (Fri):

Time (Japan) Program Memo
10:00-10:25

Opening Ceremony

  • Welcome Remarks

Dr. Masa IWANAGA

 President and Director General of Japan International Research Center for Agricultural Sciences (JIRCAS)

  • Opening Remarks

Dr. Su-San CHANG

Director of Food and Fertilizer Technology Center (FFTC) for the Asian and Pacific Region

  • Greetings from the Ministry 

Mr. Hiroshi HONJO

Director, International Research, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat, Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries (MAFF)

 
10:25-11:00

Keynote Speech

Dr. Yoshimichi FUKUTA, JIRCAS, Japan
Blast research network for stable rice production by JIRCAS

Chair:
Kazuo NAKASHIMA, JIRCAS, Japan
11:00-12:15 Session 1: International differential variety and characterization of resistance gene using them
Chair: Dr. Masayasu KATO, JIRCAS, Japan
11:00-11:15

Dr. Nagao HAYASHI, NIAS/NARO, Japan

Evaluation and designation method for rice blast fungus race using LTH monogenic lines as differential variety set
 
11:15-11:30

Dr. Hiroki SAITO, JIRCAS, Japan

Development and characterization of international differential varieties for blast disease
 
11:30-11:45

Mr. Tomofumi YOSHIDA and Ms. Ryo TANIMOTO, Mountainous Region Agricultural Institute, Aichi Agricultural research institute, Japan

Genetic improvement for resistance of panicle blast using partial resistance genes
 
11:45-12:15 Panel discussion  
12:15-13:30 Lunch  
13:30-15:00 Session 2: Pathological or genetic study for durable protection system (Country report)
Chair: Dr. Nagao HAYASHI, NIAS/NARO, Japan
13:30-13:45

Ms. Siti Norsuha Binti MISMAN, MARDI, Malaysia

Virulence patterns of Pyricularia oryzae isolates from Malaysia on international differential varieties
 
13:45-14:00

Dr. Young-Chan CHO, RDA, Republic of Korea

R gene search for enhancing stabile resistance to rice blast using monogenic lines in Korea
 
14:00-14:15

Dr. Chatchawan JANTASURIYARAT, Kasetsart University, Thailand

Genetic diversity of rice blast isolates in Thailand based on avirulent gene nucleotide sequences
 
14:15-14:30

Mr. Yi-Nian CHEN, TARI, Taiwan

Topics : Pathogen diversity and inoculum source of rice blast disease in Taiwan
 

14:30-14:45

Prof. Chengyun LI, Yunnan Agricultural University, China (JIRCAS Rice Blast Research Network partner)

Evaluation the function and structure variation of AVR Genes by genome comparison of Magnaporthe oryzae in China

 
14:45-15:15 Panel discussion  
15:15-15:25 Short break  
15:25-17:25 Session 3: Blast studies using differential system
Chair: Dr. Yoshimichi FUKUTA, JIRCAS, Japan
15:25-15:40

Dr. Chhourn ORN, CARDI, Cambodia (JIRCAS Rice Blast Research Network partner)

Pathogenicity of blast isolates and genetic variation of resistance of rice in Cambodia
 
15:40-15:55

Drs. Phetmanyseng XANGSAYASANE, Chanthakhone BOUALAPHANH, RRC/NAFRI, Lao PDR (JIRCAS Rice Blast Research Network partner)

Pathogenicity of blast isolates and genetic variation of rice in Lao PDR
 
15:55-16:10

Drs. Aris HAIRMASIS and SANTOSO, ICRR, Indonesia (JIRCAS Rice Blast Research Network partner)

Pathogenicity of blast isolates and genetic variation of resistance of rice in Indonesia
 
16:10-16:25

Drs, Jennifer NIONES and Jonathan NIONES, PhilRice, The Philippines (JIRCAS Rice Blast Research Network partner)

Pathogenicity of blast isolates and genetic variation of resistance of rice in the Philippines
 
16:25-16:40 Dr. Nguyet NGUYEN, AGI, Vietnam (JIRCAS Rice Blast Research Network partner) Pathogenicity of blast isolates and genetic variation of resistance of rice in Vietnam  
16:40-16:55

Drs, Md. A.I. KHAN and Md. LATIF, BRRI, Bangladesh (JIRCAS Rice Blast Research Network partner)

Pathogenicity of blast isolates and genetic variation of resistance of rice in Bangladesh
 
16:55-17:25 Panel discussion  
17:25-

Closing remarks

  • Closing Remarks from FFTC
    Dr. Akira HASEBE, Deputy Director, FFTC
  • Closing Remarks from JIRCAS
    Dr. Osamu KOYAMA, Vice President, JIRCAS
 

Note: 

  1. The official language is English.
  2. Video-based workshop tool: Webex Events.
  3. The workshop requires online registration.

 

ポスター
International Workshop on “Applicable Solutions Against Rice Blast in Asia“
ファイル
添付サイズ
12.54 MB