第31回熱研市民公開講座「飼料用サトウキビ品種の開発と利用」

    発表日:平成25年12月2日

この度、第31回熱研市民公開講座を、下記の要領で開催いたしますので、ここにご案内申し上げます。

日時
平成25年12月10日(火) 19:00-20:30
場所
石垣市健康福祉センター 2階 視聴覚室(沖縄県石垣市登野城1357-1)
主催
国際農林水産業研究センター 熱帯・島嶼研究拠点(熱研)
テーマ
飼料用サトウキビ品種の開発と利用
講演者
農研機構 九州沖縄農業研究センター 作物開発・利用研究領域    
種子島試験地(さとうきび育種) 主任研究員 境垣内岳雄氏
参加費
無料

 講演内容

    九州沖縄農業研究センターは、家畜飼料(粗飼用)の増産と低コスト栽培を目指して、エサ専用に利用する飼料用サトウキビ品種を開発しました。本講座では、飼料用サトウキビ品種の開発の経緯や品種特性、栽培・利用技術、今後の普及に向けた課題などについてご紹介いたします。

  1. 開発の経緯
  2. 品種の特徴
  3. 利用技術(栽培技術を中心に)
  4. 今後の普及に向けて

 お問い合わせ先

国際農林水産業研究センター 熱帯・島嶼研究拠点(熱研)
広報担当 伏見  (TEL 0980-88-6201 FAX 0980-82-0614)

ポスター

ポスター

関連するページ