国立研究開発法人 国際農林水産業研究センター | JIRCAS

アメリカ

アメリカ合衆国(アメリカがっしゅうこく、英語: United States of America)、通称アメリカ、米国(べいこく)は、50の州及び連邦区から成る連邦共和国である。アメリカ本土の48州及びワシントンD.C.は、カナダ及びメキシコの間の北アメリカ中央に位置する。アラスカ州は北アメリカ北西部、ハワイ州は中部太平洋における多島海である。同国は、太平洋及びカリブに5つの有人の海外領土及び9つの無人の海外領土を有する。985万km2の総面積は世界第3位又は第4位、3億1千7百万人の人口は世界第3位である。同国は世界で最も民族的に多様かつ多文化な国の1つであり、これは多くの国からの大規模な移住の産物とされている。また同国の広大な国土における地理及び気候も極めて多様であり、多種多様な野生生物が存在する。 米国は先進国かつ世界最大の国民経済を有する。同国経済は、豊富な天然資源及び高い労働者の生産性により支えられている。同国経済は脱工業化社会だとされている一方、世界最大の製造国のうちの1つであり続けている。同国は世界の軍事支出の37%を占め、世界最高位の経済及び軍事大国であり、大きな政治的及び文化的勢力であり、科学研究及び技術革新におけるリーダー的存在とされている。 (DBpediaより引用)

関連するJIRCASの動き

署名されたMOUを披露するJIRCAS岩永勝理事長とテキサスA&M大学Nithya Rajan准教授

国際農研、テキサスA&M大学アグリライフ研究所とMOUを締結

2019年7月13日、国際農研は、テキサスA&Mアグリライフ研究所と共同研究協定(MOU)を締結しました。

岩永理事長が第7回CGIARシステム理事会に出席

11月15⽇(木)、16日(金)に第7回国際農業研究協議グループ(CGIAR)システム理事会(7th CGIAR System Council Meeting)が、米国シアトルのゲイツ財団本部にて開催され、岩永理事⻑が、我が国の外務省及び農林⽔産省の担当官と共に出席。

研究成果情報

  • 健全な種子生産を維持するためのフタバガキ科林業樹種の択伐基準の改善 (2016)

    フタバガキ科4林業樹種について、種子の父性解析から得られた花粉散布・開花量のパラメータを用い、択伐後の他家受粉の減少量をシミュレーションにより推定した。その結果によれば、材密度が高い非早生樹種では他家受粉が大きく減少し健全な交配が維持できないため、択伐の伐採基準を現行よりも厳しくすることが望ましい。