第7回JIRCASサイエンスカフェ

国際農林水産業研究センター(JIRCAS)の活動や研究者のこれまでの取り組みについて、より広く市民の皆様へお伝えするため第7回JIRCASサイエンスカフェを下記の日程で開催します。
参加費用は無料です。お気軽にご参加ください。

主催

国際農林水産業研究センター

開催日
講演内容

放射性物質汚染に関する汚染被災地の現状と課題 【放射性物質拡散からこれまでの現状と除染・除染廃棄物処理・農業再生に向けて】

万福裕造 ( 福島県相馬郡飯舘村復興対策課/国際農林水産業研究センター 企画調整部技術促進科 主任研究員 )

東京電力福島第一原子力発電所の事故による放射能汚染地域では政府による除染事業が進められておりますが、除染実施の遅れ、計画の先送りを余儀なくされるなど、復興の達成を遠くに感じています。なかでも高濃度汚染地域にあたる帰還困難地域や居住制限地域では復興の担い手を欠くのみならず、地域社会、経済、文化の消失、荒廃の危険があり、除染復興の遅れと放射能への不安から帰町(帰村)への意識を低下させています。

  環境放射能による外部被曝の危険性の除去や、時間的経過による生活基盤などは、住民の帰還・定住の要件であり、除染事業が進められてきていますが、除染工事で大量に発生した有機物残差や廃土などの処理が難問として残っています。これらの課題はほか、科学的知見の集約で取り除ける不安や問題があることを認識し、被災されている皆様へ丁寧な対応が求められています。

 今回は、震災以降、村に派遣された当センターの職員が、被災地の現状、地域再生、農業再生の状況をお話致します。次世代を担う、学生の皆さんと情報共有、意見交換できることを楽しみに開催させて頂きます。

場所
石巻専修大学 2号館3階 2302教室 宮城県石巻市南境新水戸1番地
参加費
無料
事前登録

不要  ※フリードリンク付(コーヒー)

開催報告

第7回JIRCASサイエンスカフェ開催報告

ポスター
問い合わせ先

国際農研 企画調整部 情報広報室 広報科

  • 住所
    〒305-8686 茨城県つくば市大わし1-1
  • 電話
    029-838-6707