バインダーレスパーティクルボードと圧縮板製造技術の実用化に向けたワークショップ

マレーシア理科大学、JIRCAS、東京大学は2006年以降行ってきた未利用のオイルパーム幹を有効活用する技術研究を通じて、バインダーレスパーティクルボードと圧縮板の製造に関する数々の知見を得た。適切な処理によればいずれも容易に製造でき、環境にやさしい材料素材として多方面の用途が想定される。いくつかの知見はすでに論文として公表済であるが、こうした製造技術の業界等への普及・実用化を図るために、実演を交えたワークショップを開催する。

主催

マレーシア理科大学

共催

国際農林水産業研究センター

開催日
2014年8月12日(火)
場所
マレーシア理科大学 工業技術学部会議室(マレーシア国ペナン)
プログラム
目的

マレーシア理科大学、JIRCAS、東京大学は2006年以降行ってきた未利用のオイルパーム幹を有効活用する技術研究を通じて、バインダーレスパーティクルボードと圧縮板の製造に関する数々の知見を得た。適切な処理によればいずれも容易に製造でき、環境にやさしい材料素材として多方面の用途が想定される。いくつかの知見はすでに論文として公表済であるが、こうした製造技術の業界等への普及・実用化を図るために、実演を交えたワークショップを開催する。

プログラム
09:00 – 開会挨拶

Azhar Mat Easa(マレーシア理科大学工業技術学部長)

野田巌(プロジェクトリーダー, JIRCAS)

09:15 – マレーシアにおける木材産業の現状-資源としてのオイルパームバイオマス (マレーシア木材工業評議会)
09:45 – 休憩  
10:00 – 木質複合材料製造用原料として将来性のあるリグノセルロース・バイオマス 佐藤雅俊(東京大学教授)
10:45 – オイルパーム幹からのバインダーレスパーティクルボードと圧縮板 Rokiah Hashim(マレーシア理科大学工業技術学部教授)
11:15 – 実用化研究の提案 Othman Sulaiman(マレーシア理科大学工業技術学部教授)
11:45 – 製造実演  
13:00 – 昼食  
14:00 – 意見交換  
15:00 – 閉会挨拶 野田巌 (プロジェクトリーダー, JIRCAS)

 

受付期間
参集範囲

関連企業・団体、マレーシア木材工業評議会、マレーシア理科大学、東京大学、JIRCAS