JARQについて

JARQの概要

Japan Agricultural Research Quarterly (JARQ) は、国⽴研究開発法⼈ 国際農林⽔産業研究センター(国際農研)が刊⾏する英⽂学術誌です。我が国の農林⽔産業に関する試験研究及び我が国の研究者が関与する国際共同研究の成果・動向等を、原著論⽂及びレビューなどを通じて、広く内外に紹介することを⽬的とします。これらの情報は、開発途上地域の農業発展に資することが期待されます。

創刊は1966年(昭和41年)で、現在、年4回発行し国内の大学、研究所などの機関に加え、約100カ国の研究、普及機関などにも配布しています。

また、Vol.35 (2001) 以降については、国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)が運用している「J-STAGE」にも搭載しており、国内外の主要サイトとのリンクによる情報発信・流通の活性化を図っています。

JARQは、わが国の農林水産業研究の最新の現状を紹介する英文総合学術誌として、国内外で確固たる地位を確立しております。さらに一層の内容の充実を図っていきますので、日頃の研究・普及活動にJARQをご活用下さい。

JARQの評価: インパクトファクターの推移:

Year

Journal Impact Factor

2020 0.558
2019 0.440
2018 0.484
2017 0.274
2016 0.529

JARQの投稿について

添付のJARQ編集方針、執筆要領、原稿送り状(Word)をご確認の上、投稿をお願いします。

JARQ編集方針
JARQ_Editorial_Policy.pdf171.72 KB
JARQ執筆要領
JARQ_Author_Guideline.pdf546.11 KB
JARQ原稿送り状(Word)
20200401.docx22.78 KB
JARQ原稿テンプレート(Word)
20200401.docx218.26 KB

アクセスの多い論文

集計期間:2020年4月~2021年3月

ページビュー数

うちPDFダウンロード数

巻・号・ページ、発行年

タイトル

Discipline

195

96

34(2), 131-140, 2000

Isolation of Bacteria Producing Bluish-Purple Pigment and Use for Dyeing
Akira SHIRATA, et al.

Sericulture

173 73 45(1), 51-61, 2011 Sustainable Use of Groundwater with Underground Dams
Satoshi ISHIDA, et al
Agricultural engineering
164 109 54(2), 113-119, 2020

Development and Standardization of Analytical Methods for Increasing Varieties of Genetically Modified Crops
Junichi MANO, et al

Food
152 50 37(4), 249-252, 2003 Chemical Composition and Antifungal Activity of Essential Oil from Cymbopogon nardus (Citronella Grass)
Kazuhiko NAKAHARA, et al
Postharvest technology
144 25 38(2), 75-80, 2004 Strategies for Controlling the Apple Snail Pomacea canaliculata (Lamarck) (Gastropoda: Ampullariidae) in Japanese Direct-Sown Paddy Fields
Takashi WADA
Plant protection
134 42 54(4), 349-360, 2020 Biomass and Production Rates of Fine Roots in Two Mangrove Stands in Southern Thailand
Kyotaro NOGUCHI, et al
Forestry
132 87 54(3), 201-209, 2020 Suppression of Root-Knot Nematode Damage to Next Crop by Prior Cultivation of Root-Knot Nematode-Resistant Sweet Potato Cultivars
Takayuki SUZUKI, et al
Agricultural Environment
130 31 4(1), 1-6, 1969 A Method for Maximizing Rice Yield on the Basis of V-shaped Rice Cultivation Theory (I)
Seizo MATSUSHIMA
 
113 60 52(4), 285-292, 2018 New Soil Maps of Japan based on the Comprehensive Soil Classification System of Japan – First Approximation and its Application to the World Reference Base for Soil Resources 2006
Takashi KANDA, et al.
Soils, fertilizers and plant nutrition
111 10 32(3), 203-210, 1998 Animal Waste Problems and Their Solution from the Technological Point of View in Japan
Kiyonori HAGA
Animal industry
連絡先
〒305-8686 茨城県つくば市大わし1-1

国際農研 情報広報室 JARQ編集担当