耐暑性が高い丸莢のインゲンマメ新品種「ナリブシ」

要約

インゲンマメ結莢率高温によって低下するが、耐暑性が高い丸莢のインゲンマメ「ナリブシ」は平均気温28°Cの高温条件でも結莢率の低下が小さく、若莢を生産することができる。

背景・ねらい

インゲンマメ(Phaseolus vulgaris L.)の結莢率は高温によって著しく低下するため、高温期にインゲンマメの若莢を生産することは難しい。国際農林水産業研究センター熱帯・島嶼研究拠点は耐暑性インゲンマメの開発を目指し、平成10年に「ハイブシ」(いんげんまめ農林1号)を初めて育成し、「ハイブシ」の優れた耐暑性と食味は高い評価を受けている。一方、「ハイブシ」と莢の形状の異なる丸莢の耐暑性品種が望まれている。

成果の内容・特徴

  1. 新品種候補「ナリブシ」は昭和60年に国際農林水産業研究センター(旧熱帯農業研究センター)が実施した海外遺伝資源調査において、マレーシア国で収集した雑ぱくな種子集団から、「石垣2号」として純系選抜した系統である。
  2. 「ナリブシ」は高温下(28.1°C:石垣市の6月の平均気温)において160~180kg/a(28,000~34,000本/a)の若莢を収穫することができる(表1)。
  3. 「ナリブシ」は「ハイブシ」より莢が長く(表1)、莢の中央部の横断面が円形である(図1aとb)。
  4. 「ナリブシ」は、無限つる性、収穫開始までの日数が50~55日の中生種で、完熟種子は黒色である(図1c)。
  5. 若莢のBrixは4.9であり、食味(甘味)はハイブシと同等である(表1)。
  6. 「ケンタッキーワンダー」、「ナリブシ」及び「ハイブシ」の結莢率は、平均気温24°Cでそれぞれ85.3%、83.3%、82.6%であり、平均気温28°Cでは23.3%、68.3%、70.1%である(表2)。このように、「ナリブシ」は「ハイブシ」と同等に高温下での結莢率の低下が少なく、耐暑性は極強である(表1)。

成果の活用面・留意点

  1. 品種登録出願中である。
  2. 若莢の生産が困難であった平均気温28°Cの高温期に若莢を生産することができるが、平均気温29°Cになると結莢率が低下するため、若莢の生産は難しくなる。
  3. 「ナリブシ」の耐暑性は、他品種へ耐暑性を導入するための育種素材として利用できる。

具体的データ

  1. 表1. 「ナリブシ」、「ハイブシ」および「ケンタッキーワンダー」の特性評価

    表1. 「ナリブシ」、「ハイブシ」および「ケンタッキーワンダー」の特性評価
  2.  

    図1
    図1
    a:開花後14日目の「ナリブシ」の若莢
    b:若莢中部の横断面の形状 c:完熟種子
    barは1cm
  3. 表2.高温下における「ナリブシ」の結莢率

    表2.高温下における「ナリブシ」の結莢率
所属

国際農研 熱帯・島嶼研究拠点

研究課題

ハイブシの耐暑性導入による野菜用サヤインゲンの開発

研究期間

2006年度(2001~2005年度)

研究担当者

柏葉 晃一 ( 熱帯・島嶼研究拠点 )

江川 宜伸 ( 熱帯・島嶼研究拠点 )

大前 ( 熱帯・島嶼研究拠点 )

見える化ID: 001794

庄野 真理子 ( 熱帯・島嶼研究拠点 )

見える化ID: 001790

ほか
発表論文等

平成18年1月初旬に品種登録出願申請

日本語PDF

2006_seikajouhou_A4_ja_Part22.pdf533.83 KB