肥沃度センシング技術と養分欠乏耐性系統の開発を統合したアフリカ稲作における養分利用効率の飛躍的向上

イネの生育調査(課題3)

2020.06.05

イネの生育調査(課題3)

SATREPSマダガスカルプロ課題3「施肥と育種素材を統合した養分利用に優れた局所管理技術の開発」に参画するプロジェクトリーダーの辻本主任研究員が、イネの生育調査のため、2月中旬から下旬にかけてマダガスカルに出張しました。

本出張では、課題3に関わる複数の現地試験において、出穂前の抜き取り調査を行い、イネ生育に及ぼす各処理の効果を確認しました。また、日本大使館、JICA事務所、農業畜産水産省、FIFIFA, LRI、ONN、民間の肥料会社Agrivetなどの関係機関を訪問し、次作期以降の実証試験に向けた更なる協力を要請しました。

生育初期に冠水ストレスを受けた遅植え圃場でのP-broadcastとP-dippingの生育比較