肥沃度センシング技術と養分欠乏耐性系統の開発を統合したアフリカ稲作における養分利用効率の飛躍的向上

現地圃場試験の生育調査(課題2)

2020.06.04

現地圃場試験の生育調査(課題2)

SATREPSマダガスカルプロ課題2における現地圃場試験の生育調査のため、農研機構次世代作物開発研究センターの宇賀研究員が2月下旬にマダガスカルに出張しました。

本出張では、IR64を遺伝的背景とする根系形質の異なる準同質遺伝子系統群の現地での形質評価を行いました。調査の結果、これまでに報告されている根系分布の特徴をマダガスカルの低肥沃度土壌でも発揮することが明らかになりました。また、養分欠乏環境でのイネ生産改善に向けたこれらの育種素材の活用の可能性について関係者と議論を交わし、今後の共同研究の課題を具体化することができました。

バスケット法による根の角度調査の様子

モノリス法による土壌採取の様子