肥沃度センシング技術と養分欠乏耐性系統の開発を統合したアフリカ稲作における養分利用効率の飛躍的向上

現地中間評価および圃場試験の視察

2020.02.07

現地中間評価および圃場試験の視察

中島プログラムディレクターが、SATREPSマダガスカル課題の現地中間評価および圃場試験の視察のため、12月にマダガスカルに出張しました。

本出張では、農産物安定生産プログラムのアフリカ食料プロジェクトで推進しているイネ増産の課題「肥沃度センシング技術と養分欠乏耐性系統の開発を統合したアフリカ稲作における養分利用効率の飛躍的向上」(SATREPSマダガスカル課題)に関する中間評価ワークショップに参加し、研究の進捗状況を把握しました。また、マダガスカルで実施しているイネ増産課題の試験圃場を視察しました。研究成果の最大化に向けて、相手国のマダガスカル農業畜産水産省(MAEP)、マダガスカル国立農村開発応用研究センター(FOFIFA)、アンタナナリボ大学放射線研究所(LRI)、農業地方局(DRAEP)、フランス国産農業開発研究所(CIRAD)、アフリカ稲センター(Africa Rice)、JICA等と協議しました。

ワークショップの集合写真

プロジェクト成果を発表する辻本主研

インタビュー取材を受ける辻本主研

ウー特別研究員によるP浸漬試験の説明

浅井主研による堆肥処理試験の説明

AfricaRice表敬