肥沃度センシング技術と養分欠乏耐性系統の開発を統合したアフリカ稲作における養分利用効率の飛躍的向上

マダガスカル現地視察

2019.02.19

マダガスカル現地視察

中島プログラムディレクターが、11月下旬から12月初旬にかけてマダガスカルを訪問し、研究の進捗状況を把握しました。マダガスカルでは、「肥沃度センシング技術と養分欠乏耐性系統の開発を統合したアフリカ稲作における養分利用効率の飛躍的向上」などの研究を実施中であり、今回はマダガスカル国立農村開発応用研究センター(FOFIFA)、アンタナナリボ大学放射線研究所(LRI)等及び試験サイトを訪問しました。

坂田特別派遣研究員のポット試験(Ambatobe)

浅井主研の施肥試験圃場(Behenjy)

施肥試験圃場(Behenjy)

FY VARY看板(Behenjy)

試験サイトでの施肥実験(Behenjy)

高井主研のG×E試験(Antohobe)

西垣特別研究員のスタイロ等試験の説明(Antohobe)

近藤特別研究員によるGWAS試験の説明(Ankazomiriotra)

GWAS試験用苗の準備(Ankazomiriotra)

高井主研のG×E試験(Ankazomiriotra)