肥沃度センシング技術と養分欠乏耐性系統の開発を統合したアフリカ稲作における養分利用効率の飛躍的向上

課題3に参画するLRIのTovohery Rakotoson博士らの論文が、Rhizosphereに掲載されました

2020.04.08

課題3に参画するLRIのTovohery Rakotoson博士らの論文が、Rhizosphereに掲載されました

課題3に参画するLRIのTovohery Rakotoson博士らの論文が、Rhizosphereに掲載されました。
本論文では、リン欠乏条件で優れたリン吸収能をもつことが示唆されているアウスイネDJ123、同位体炭素、およびZymographyなどの材料と手法を用いることで、DJ123の高いリン吸収能は、根からの滲出物によるものではなく根量の大きさに起因するものであることが示唆されました。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2452219820300173?via%3Dihub