肥沃度センシング技術と養分欠乏耐性系統の開発を統合したアフリカ稲作における養分利用効率の飛躍的向上

学会発表

2018.06.15

学会発表

課題1に参画する川村研究員が、2018年5月に鳥取大学で開催されたシステム農学会にて、「ドローンを用いたマダガスカル中央高地の多様な養分条件化にある水稲圃場の施肥効果の評価」の演題でSATREPSマダガスカルの成果を発表しました。