肥沃度センシング技術と養分欠乏耐性系統の開発を統合したアフリカ稲作における養分利用効率の飛躍的向上

マダガスカルのルシアン・ラナリヴェル農業畜産水産大臣との会談

2019.09.03

マダガスカルのルシアン・ラナリヴェル農業畜産水産大臣との会談

8月28日~30日に横浜で開催されたアフリカ開発会議(TICAD7)への出席に合わせて来日したマダガスカルのルシアン・ラナリヴェル農業畜産水産大臣とJIRCASの岩永理事長との会談に、辻本研究代表が同席し、SATRESプロジェクト(FYVARY)の研究進捗を共有しました。ラナリヴェル大臣は、本国際共同研究が、行政、研究機関、大学を含むマルチセクターでの協力であり、マダガスカルが目指すコメ増産への貢献のみならず、農業研究基盤の整備や研究者の育成など多岐にわたる分野に影響を及ぼしている点に謝意を述べられ、農業畜産水産省として、本共同研究に対して、より一層の支援を惜しまないことが約束されました。また、12月に開催予定の中間評価のための現地ワークショップへの出席にも前向きにご返事をいただきました。

会談後の写真撮影(左から辻本研究代表、ラナリヴェル農業畜産水産大臣、JIRCAS岩永理事長@横浜)

研究の進捗について説明する辻本研究代表