肥沃度センシング技術と養分欠乏耐性系統の開発を統合したアフリカ稲作における養分利用効率の飛躍的向上

現地栽培試験の開始

2019.02.19

現地栽培試験の開始

辻本研究代表が、11月中旬から12月下旬にかけてマダガスカルに滞在し、初期育成が収量に及ぼす効果を明らかにするために、移植日、リン施肥および採食密度を組み合わせた現地栽培試験を開始しました。また、アンタナナリボにて第3回TCC(Technical Coordination Committee)を開催しました。

Antohobeでの農民集会の様子