肥沃度センシング技術と養分欠乏耐性系統の開発を統合したアフリカ稲作における養分利用効率の飛躍的向上

第3回TCC会議の開催@アンタナナリボ

2018.11.22

第3回TCC会議の開催@アンタナナリボ

11月16日に、マダガスカル国アンタナナリボ市にある研究機関FOFIFA本部にて、第3回TCC会議が行われました。本TCC会議では、農業畜産省のWilly Rakotomalala稲作振興局長が議長、研究代表の辻本主任研究員が司会進行を務め、対象地域でのイネの作付け時期を前に、プロジェクトを構成する課題1から課題4の活動を詳細に把握することを目的に、16演題が参画研究者によりプレゼン発表されました。また、マダガスカル側と日本側との今後の情報共有を簡便にするため、会場と国際農研の小会議室を接続し、skypeによるプレゼン発表を試行しました。本会議では活発な議論が交わされ、具体的な課題間の連携が構築された点は大きな成果となりました。

会議参加者の集合写真

担当課題の進捗・計画を発表するFOFIFA研究員

質問に答えるLRIの参画研究者