肥沃度センシング技術と養分欠乏耐性系統の開発を統合したアフリカ稲作における養分利用効率の飛躍的向上

JIRCAS岩永理事長によるプロジェクト関係機関の訪問

2018.03.10

JIRCAS岩永理事長によるプロジェクト関係機関の訪問

2018年2月27日~3月3日の日程で、JIRCAS岩永理事長がマダガスカルを訪問しました。マダガスカル滞在中に、岩永理事長は、プロジェクトの相手国代表機関である農業畜産省のラクトベ・トヴンジャカ事務次官や日本大使館の伊藤参事官を表敬訪問したほか、プロジェクト参画機関であるFOFIFAのRazafinjara所長、アンタナナリボ大学放射線研究所(LRI)のRazafimbelo所長、国立栄養局(ONN)の Raveloharison局長らを訪問し、関連の研究施設を視察しました。また、対象地域の研究活動を連携して推進するアンチラベのAfrica Rice CenterとCIRADにも訪問して、JIRCASとの共同研究について意見交換を行いました。

SATREPSマダガスカル

FOFIFA・Razafinjara所長を表敬訪問

SATREPSマダガスカル

国立栄養局(ONN)Raveloharison局長を訪問

SATREPSマダガスカル

LRI分析ラボの視察(Razafimbelo所長およびRakotoson研究員による説明)

SATREPSマダガスカル

Africa Rice Centerマダガスカル支所訪問

SATREPSマダガスカル

CIRADが主導するマダガスカル中央高地研究プラットフォームSPADでの意見交換