筑波大学では、筑波大学学園祭「雙峰祭(そうほうさい)」を毎年実施しています。今年で45回目を数え、例年の来場者数は3万人にのぼり関東有数の学園祭となっています。

平成25年度から筑波大学学園祭に参加しており、これまで研究成果及び研究プロジェクトについてポスター展示を行いました。今年度は、アジア・島嶼資源管理、アフリカ食料、アジアバイオマスのポスター及び標本(オイルパーム)展示を行いました。

国際農研の他、宇宙史研究センター、「結」プロジェクト、株式会社Sportip、医学医療系研究紹介、国立環境研究所が共同展示を行いました。11月3日(日)から4日(月)の2日間の展示で展示ブースに約900名の来場者があり、展示物等について質問がありました。

ご来場ありがとうございました。

展示状況