国際農研 生産環境・畜産領域 前野浩太郎研究員が、「第5回 食の新潟国際賞(21世紀希望賞)」を受賞したことについて、7月9日に日本プレスセンターにおいて発表記者会見が行われました。

 本賞は、食の分野で世界に貢献し、実践している人、団体、地域に光をあて表彰することにより、世界の食の問題の解決に寄与することを願って、日本の地方都市新潟の産官学民の有志が協力して創設した、食分野における日本唯一の国際賞です。その中で21世紀希望賞は、将来の世界貢献への可能性と実現性をめざした個人や企業及び団体との共同研究、共同開発、実用化試験、実践活動に対して贈られます。同氏らのアフリカにおけるサバクトビバッタの防除技術開発への取り組みが評価されました。なお、授賞式は平成30年11月8日新潟市にて執り行われる予定です。

 事業紹介
http://www.niigata-award.jp/contents/award/about.html