エタノール及び乳酸の製造方法

関連プログラム
第4期中長期計画 » 高付加価値化
出願国 登録番号 出願年月日 登録年月日 満了年月日
マレーシア 153682 2007年12月22日 2015年03月13日 2027年12月12日
日本 4065960 2007年01月25日 2008年01月18日 2027年01月25日
インドネシア 000036570 2007年12月22日 2014年08月28日 2027年12月12日

概要

目的

効率よく安定して安価に得られるエタノール及び乳酸ならびにこれらの製造方法を提供する。

効果

主として大部分が廃棄されているパーム幹の中心部分を用い、安価かつ簡便に燃料用エタノール又はバイオプラスチック用乳酸を生産する技術の開発である。
 化石資源消費量の低減化ならびに地球温暖化問題等の環境問題の解決を目指した、新規バイオマス産業の育成・発展に寄与するものである。

特許公報
JP4065960B1.pdf87.48 KB
連絡先
〒305-8686 茨城県つくば市大わし1-1

国際農研 企画連携部 企画管理室 知的財産専門職

TEL : 029-838-6389
FAX
029-838-6337