マーシャル諸島共和国(マーシャルしょとうきょうわこく、マーシャル語: Aolepān Aorōkin M̧ajeļ、英語: Republic of the Marshall Islands)、通称マーシャル諸島は、太平洋上に浮かぶ島国。ミニ国家の一つであり、「真珠の首飾り」とも呼ばれるマーシャル諸島全域を領土とする。ミクロネシア連邦の東、キリバスの北に位置する。

(DBpediaより引用)

関連するJIRCASの動き

第6回淡水レンズ保全管理セミナー

第6回「淡水レンズの保全・管理」セミナーは、昨年度に引き続き、研究調査活動の成果をプロジェクト関係機関と情報共有するために実施した。セミナーには、政府機関からは環境保護庁、マジュロ上下水道公社(MWSC)、環境計画政策調整室(OEPPC)、在マーシャル国日本大使館、在マーシャル国アメリカ大使館、及びJICAマーシャル支所等から約20名が参加した。

島嶼環境保全プロジェクト(マーシャル諸島)第1回住民説明会開催報告

2014年4月22日19:00~20:30、マーシャル諸島共和国ローラ小学校において第1回住民説明会を開催しました。ローラ島で合同地下水調査を実施している環境保護庁をはじめ、SOPAC(南太平洋応用地球科学委員会)のIWRM(統合的水資源管理)チーム、ローラ島の淡水レンズを管理しているマジュロ上下水道公社、一般の住民、及び農業者等、約30名が参加しました。JIRCASがローラ島で過去に実施した調査結果について説明を行いました。

刊行物

Laura Lens Conservation and Management Manual

Japan International Research Center for Agricultural Sciences, Ministry of Resources Development (MRD), Environmental Protection Authority (EPA), Majuro Water and Sewer Company (MWSC):, マニュアル・ガイドライン

manual_guideline-_-.pdf7.03 MB

関連するイベント・シンポジウム

出張報告書

研究成果情報