Japan International Research Center for Agricultural Sciences | JIRCAS

JIRCASメールマガジン (59)

JIRCAS Mail Magazine (Japanese)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【国際農林水産業研究センター メールマガジン 第59号】
                  (2018年6月号)
  発行:国際農林水産業研究センター(JIRCAS)
   https://www.jircas.go.jp/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

2018年6月号のJIRCASメールマガジンをお届けします。
こんにちは。メルマガ編集事務局の辰巳です。
まもなく一年の折り返しの日(7月2日)を迎えます。
時が過ぎるのは早いですね。
6月24日、熱帯・島嶼研究拠点(石垣市)で熱研一般公開が開催されました。
暑い中、足を運んでいただいた皆様、ありがとうございました。

--------------------------------------------------------------
■最新のトピックス
--------------------------------------------------------------
[JIRCASの動き]
●第7回G20首席農業研究者会議(G20 Meeting of Agricultural Chief Scientists, G20 MACS)への参加
(5月30日ホームページ公表)

5月28日(月)から30日(水)にかけて、G20首席農業研究者会議(G20 MACS)がアルゼンチン国サン・サルバドル・デ・フフイで開催され、岩永理事長が出席しました。ゲノム編集、持続的な土壌、気候変動などをテーマとした様々な意見交換に参加しました。

https://www.jircas.go.jp/ja/reports/2018/r20180530?f=mg

●バイオマスエキスポ2018に出展しました
(6月4日ホームページ公表)

https://www.jircas.go.jp/ja/reports/2018/r20180604?f=mg

●岩永理事長がフランスのモンペリエで開催されたCGIARイネ研究プログラム(RICE-CRP)の独立運営委員会に出席
(6月12日ホームページ公表)

2018年6月7日(木)、8日(金)に、CGIARイネ研究プログラム(RICE-CRP)の独立運営委員会がフランスのモンペリエで開催され、同委員会メンバーとして岩永理事長が出席しました。会議ではプログラム内の5つの旗艦プロジェクトから2017年の活動および2018年の活動計画が報告され、委員からは不明点についての質問や、改善すべき点について助言が寄せられました。

https://www.jircas.go.jp/ja/reports/2018/r20180612?f=mg

--------------------------------------------------------------
■各種イベント、セミナー情報
--------------------------------------------------------------
●JIRCAS国際シンポジウム2018 「『水産』で活躍する女性研究者~SDGsへの貢献(仮題)」

https://www.jircas.go.jp/ja/symposium/2018/e20181106

開催日時:2018年11月6日(火)13時~17時35分(予定)(受付開始12時30分)
開催場所:国連大学ウ・タント国際会議場(東京都渋谷区神宮前5-53-70)
主催:国際農林水産業研究センター
参加費:無料

--------------------------------------------------------------
■ビデオのご案内
--------------------------------------------------------------
●JIRCAS紹介ビデオ(ダイジェスト版)を掲載

https://www.youtube.com/watch?v=kKalLvGoVPA

---------------------------------------------------------------------
■新しい技術や研究成果の紹介
【国際農林水産業研究成果情報(平成29年度)】(2回目/全9回掲載)
---------------------------------------------------------------------
●フィリピンのサトウキビ単作地域における地下水への窒素負荷量の推定

地下水の窒素汚染が懸念されるフィリピンの代表的なサトウキビ栽培地域での窒素負荷量を推定しました。地表面への窒素の負荷源として、肥料・家畜排泄物・人排泄物・降雨がありますが、地下への潜在的な窒素負荷の多くは、肥料由来の窒素です。
https://www.jircas.go.jp/ja/publication/research_results/2017_a02?f=mg

●ギニアヤムのゲノム情報の解読および性判別マーカーの開発

ヤマノイモ(Dioscorea)属作物の一種であるギニアヤム(D. rotundata)の全ゲノム配列を世界に先駆けて解読しました。得られたゲノム情報からギニアヤムの性別を決定するゲノム領域を同定しました。この領域に特異的な性別判定マーカーを用いることで品種改良を加速できます。
https://www.jircas.go.jp/ja/publication/research_results/2017_b02?f=mg

●オイルパーム樹液のpH調整で乳酸発酵が改善する

オイルパーム幹から得られる樹液は、糖分が高く微生物にとって極めて有望な天然培地となるが、乳酸発酵において発酵能低下が認められます。樹液を弱アルカリ性に調整することで、不溶性沈殿を形成・除去できるとともに、微生物生育阻害をもたらす芳香族化合物が減少するため、樹液成分が改質され発酵阻害を防ぐことができます。
https://www.jircas.go.jp/ja/publication/research_results/2017_c02?f=mg

--------------------------------------------------------------
■投稿記事募集
--------------------------------------------------------------
海外での出来事、タイムリーな現地情報など、皆様からの投稿もお待ちしております。
記事の投稿は、所属と名前(匿名もOK)、タイトルを明記の上、 koho-jircas@ml.affrc.go.jp までお願いします。
--------------------------------------------------------------
※このメールは、メールマガジン購読を希望された方及び本センターへお問合せ頂いた方、イベントで名刺交換させて頂いた方にお送りしています。
次回以降メールマガジンの購読を希望されない方は、お手数ですが配信解除をお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■バックナンバー
 https://www.jircas.go.jp/ja/publication/jircas_mailmagazine

■配信登録 etc
 メールマガジンの配信登録・配信解除、メールアドレスの変更(SSL対応)
 https://www.jircas.go.jp/ja/public_relations/jircas_mailmagazine

【編集発行】
 国際農林水産業研究センター(JIRCAS) 企画連携部 情報広報室 広報科
 〒305-8686 茨城県つくば市大わし1-1 電話:029-838-6707

Date of issued2018-06-29
Creator国立研究開発法人国際農林水産業研究センター
Dates2018-06-29
NII resource type vocabularyArticle
Issue59
Languagejpn