国立研究開発法人 国際農林水産業研究センター | JIRCAS

ブルキナファソ

ブルキナファソ(Burkina Faso)は、西アフリカに位置する共和制国家。北にマリ、東にニジェール、南東にベナン、トーゴ、南にガーナ、南西にコートジボワールと国境を接する内陸国である。首都はワガドゥグー。 第二次世界大戦後、1960年にオートボルタ(Haute-Volta, 上ボルタ)共和国として独立した。独立後、フランスから離れて非同盟路線を歩み、東側諸国と友好関係を築いたが、1987年以降はフランスとの関係を最重視している。現在の国名ブルキナファソは1984年に旧来の国名のオートボルタから改称された。 (DBpediaより引用)

関連するJIRCASの動き

挨拶するJIRCAS代表

サハラ砂漠南縁の国ブルキナファソで国産肥料開発と普及に取り組む:SATREPSプロジェクトキックオフ(6月12日)

JIRCASは、ブルキナファソ環境農業研究所(INERA)を共同研究機関として、ブルキナファソに産出する低品位リン鉱石を肥料化する技術を開発し、その肥料の普及可能性を評価する研究「ブルキナファソ産リン鉱石を用いた施肥栽培促進モデル構築」を開始しました。

ブルキナファソから5名の研究者を招聘、各種行事に参加

ブルキナファソから3つのプロジェクトの共同研究機関である環境農業研究所から5名の研究者を招聘し「ブルキナファソにおける持続的農業開発を目指すINERA-JIRCAS 共同研究」と題して合同セミナーを開催しました。

関連する現地の動き

刊行物

関連するイベント・シンポジウム

出張報告書

報告書番号 出張年月 国名 出張目的 関連プログラム
H31-0096 2019年6月-2019年7月 ブルキナファソ 1.JICAブルキナ2期(SATREPSブルキナ):プロジェクトWSへの参加及び成果の公表、2.アフリカ流域管理、3.アフリカ食料II:INERAサリア支所でのササゲの圃場試験の継続 資源・環境管理, 農産物安定生産
H31-0055 2019年5月-2019年6月 エチオピア, ブルキナファソ 1.JICAブルキナファソ:プロジェクトWS、技術調整会議(TCC)、肥料工場建設計画検討委員会の開催、圃場試験の準備支援、他、2.アフリカ流域管理1a:試験準備の支援、3.アフリカ流域管理2a:現地検討会とステークホルダー会議参加、保全農業の課題取りまとめへの支援 資源・環境管理
H31-0085 2019年6月-2019年6月 ブルキナファソ SATREPS ブルキナTCCの参加、圃場実験、ソルガムの生育と土壌特性に及ぼす堆肥とリン鉱石富化堆肥の影響 資源・環境管理
H31-0086 2019年6月-2019年6月 ブルキナファソ SATREPSブルキナの成果検討会及び技術調整会議(TCC)参加 資源・環境管理
H31-0041 2019年5月-2019年5月 ブルキナファソ, モザンビーク 1.バンカーサイレージの開封と乳牛給与(アフリカ食料)、2.TMR発酵飼料の開封と品質分析、発酵消化試験準備(アフリカ流域管理) 農産物安定生産, 資源・環境管理

研究成果情報